ltzz.info > トピック > Firefoxの高度な設定「about:config」について

about:configとは

about:configとはFirefoxなどのGeckoエンジンというブラウザエンジンを使用したブラウザで保存されている設定や、通常は設定できないような設定を変更することができるものです。
アドレスバーに"about:config"と入力すると設定値がズラーっと並びます。
ただ、それを見ただけでは何のことかさっぱりです。というわけで分かる限りの属性をまとめてみる事にしました。
参考:Knowledge Base - MozillaZine Knowledge Base

※初期値は日本語版Windows XP Home Edition SP2にインストールした場合のものです。
Firefox3での検証です。Firefox2では存在しない設定などもあります。

trueやfalse

英語でtrueは有効、falseは無効という意味です。trueにするとそのオプションは有効になると覚えておいてください。
「無効にする」オプションをtrueにした場合は機能が無効になります。(「無効にする事を有効にする」わけですからね)

app
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
app.update.enabled真偽値trueアップデートを有効にするか。
app.update.channel文字列releaseどこをアップデート先にするか。
release:最新の安定版、beta:β版と最新の安定版、nightly:ナイトリービルド版(毎日更新されるテスト版)、default:更新しない
browser
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
browser.cache.check_doc_frequency整数値3ローカルキャッシュとファイルの実体との比較方法。
0:セッション毎、1:ページアクセス毎、2:比較しない、3:キャッシュが古い場合
browser.cache.disk.capacity整数値50000ブラウザのローカルキャッシュ容量(キロバイト)オプション->詳細->ネットワークからでも同じ設定ができます。
browser.cache.disk.enable真偽値trueディスクキャッシュする
browser.cache.disk.disk_cache_ssl真偽値falseSSL通信時にディスクキャッシュする。セキュリティ的に有効にする事は望ましくないです。安全なPCで有効にする事。
browser.chrome.favicons真偽値trueサイトのルートディレクトリにあるfaviconを読み込むか無効にするとfaviconが指定されていない場合にアクセスしなくなるので若干通信量が減ります。
browser.chrome.site_icons真偽値trueページに指定されているfaviconを読み込むか
browser.download.manager.scanWhenDone真偽値trueファイルダウンロード完了後にウィルススキャンするアンチウィルスソフトがインストールされたWindows専用。
browser.download.manager.closeWhenDone真偽値falseファイルダウンロード完了後にダウンロードマネージャを閉じるオプション->一般からでも同じ設定ができます。
browser.tabs.autoHide真偽値trueタブが1つの時にタブを隠す
browser.tabs.closeButtons整数値1タブの「閉じる」ボタンを表示する形式。0:アクティブなタブのみ、1:全タブに表示、2:非表示、3:全タブ非表示&タブバー右端に表示
browser.tabs.tabClipWidth整数値140閉じるボタンを表示しなくする横幅常に閉じるボタンを表示したい場合はtabMinWidthよりも小さな値にしてください。
browser.tabs.tabMaxWidth整数値250タブの最大横幅
browser.tabs.tabMinWidth整数値100タブの最小横幅
browser.tabs.warnOnClose真偽値true複数タブを閉じる時に警告する
browser.visited_color文字列#551A8B既定の訪問済みリンクの色
config
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
config.trim_on_minimize真偽値(なし)最小化時にメモリ開放最小化すると一気にfirefox.exeのメモリ使用量が減ります。Windows専用。
image
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
image.animation_mode文字列normalGIF画像のアニメーション表示方法。none:再生しない、once:1回のみ再生、normal:通常通り
network
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
network.dns.disableIPv6真偽値falseIPv6DNSを無効にする無効にするとIPv6でのDNS処理をしなくなる為、接続の高速化が図れますが、IPv6を利用したサイトに接続できなくなる場合があります。
network.prefetch-next真偽値trueリンクの先読み
securty
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
security.dialog_enable_delay整数値2000アドオンのインストールを開始するまでの待ち時間(ms)
xpinstall
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
xpinstall.enabled真偽値trueXPI拡張機能のインストールを可能にするか
zoom
設定名初期値(Firefox3.0)説明メモ
zoom.maxPercent整数値300ズーム最大値(%)
zoom.minPercent整数値30ズーム最小値(%)