ltzz.info > トピック > コンソール版デフラグの使用方法

コンソール版デフラグの使用方法

コンソール版デフラグの使用方法です。。

コンソール版デフラグとは、コマンドプロンプト上で動作するデフラグの事です。
コンソール版デフラグをうまく利用すると、バッチファイルを実行するだけで全てのドライブをデフラグしたりできます。

コンソール版デフラグのファイル名は”defrag.exe”です。

記述方法は、
defrag.exe [ドライブレター] [引数(任意)]
です。
引数部分には次の引数を記述できます。

-a 解析のみ
-f 空き領域が少ない場合も強制デフラグ
-v 詳細の出力のみ
-? ヘルプを表示

これを利用し、バッチファイルを作成すると自動でデフラグしてくれてとても便利です。

バッチファイルの例。
defrag c:
defrag d: -f
pause

*バッチファイルとはコマンドライン処理を自動で行うファイルの事です。コマンドをテキストに記述し、拡張子をbatにすれば簡単にバッチファイルが作成できます。