URLリンクを色々なディスクで移動を繰り返していたら消えていた原因

2013/2/23 土曜日 01:09:11

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Windowsで作ったURLショートカットがディスクに入っていたのですが長年管理しているうちに、いつの間にかURLの情報が抜け落ちてしまいなんでかなと思っていました。

調べてもあまりまとまった情報は出てこないみたいですが、

WindowsXPではNTFSの代替データストリームと呼ばれるものを使って、URLをショートカットのファイルのメタデータ上に記録しているらしく、ショートカットファイル自体は空っぽだったりするようなのでこれが原因かなと。

たぶん、ディスク間のコピーを繰り返すうちにファイルシステムが違うディスクとかにコピーされた時があり、その時にURLデータが抜け落ちた、のではと想像。

またVista以降ではメタデータではなくて.urlのファイルの中身にテキストで記録しているので問題ないとのことで。

あと、ダウンロードしたファイルとかのプロパティにダウンロードされたファイルへの警告などの情報がこのように出てる時がありますが、

20130223_windows_ntfs_fork_1

こういうのも代替データストリームに書かれてるみたい。
また、こういうNTFSの代替データストリームのような物全般をフォークと呼ぶらしい。

フォーク (ファイルシステム) – Wikipedia

少し勉強になったかも。

タグ: NTFS, URL, Windows

関連記事


Tags: , , .

コメントを残す

コメントは基本的に即時反映されますが、スパム判定された場合、管理人の承認までの時間がかかる場合もあります。
ブログやホームページ等に引用する際はソースURLとして、この記事のURLを提示してください。
引用の際の注意
記事の引用時、該当URLが提示されておらず、悪質な転載だと考えられる場合、無断転載と判断させていただき、サーバー管理者への問い合わせや法的処置を取らせていただく場合もございます。
要約や語句などが加えられていたとしても、内容が同一であれば著作権法は適用されます。