投速チェッカのTwitterAPI v1.1対応について

2012/9/9 日曜日 13:42:07

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

TwitterのAPIがこの先半年ほどで今までのv1.0からv1.1に移行されるらしいです。

このv1.1ではエンドポイントごとでリクエスト数を制限したり、あとディスプレイガイドラインなるGUIの規則が定められたりしてます。

これが既存のTwitterクライアントに対して制限が厳しすぎるだとかとの声もありますが。

まあ、それはさておき、このv1.1ではOAuth認証が必須になります。

そして、私が公開している投速チェッカはOAuth認証対応してません。(直にJSONPでもらってきてます)

ということで、このままだと投速チェッカは2013年3月には利用できなくなります。

気が向いたらなんとか対応したいところですが、まあ出来なかったらすみませんということで。ちなみに、OAuth認証がどうにかなれば鍵アカ対応も同時に可能になるのですが…。

※たぶん今の自分の技量だと対応できないと思います。

Twitter API 1.1リリース 開発者の対応リミットは2013年3月5日に – ITmedia ニュース

Twitterブログ: Twitter API v1.1でのAPI利用ルールの変更について

タグ: Javascript, Twitter, プログラミング, 投速チェッカ

関連記事


One Response to “投速チェッカのTwitterAPI v1.1対応について”



  1. 匿名 Says:

    何時も割と頼りにしてもらっているので頑張っていただけると幸いです

コメントを残す

コメントは基本的に即時反映されますが、スパム判定された場合、管理人の承認までの時間がかかる場合もあります。
ブログやホームページ等に引用する際はソースURLとして、この記事のURLを提示してください。
引用の際の注意
記事の引用時、該当URLが提示されておらず、悪質な転載だと考えられる場合、無断転載と判断させていただき、サーバー管理者への問い合わせや法的処置を取らせていただく場合もございます。
要約や語句などが加えられていたとしても、内容が同一であれば著作権法は適用されます。