秋月電子のUSBシリアルケーブルをWin8で使う

2013/5/12 日曜日 18:58:04

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Windows8で秋月電子で売っているUSBシリアルケーブルを使うときにコケたのでメモ書きです。

秋月電子のUSBシリアルケーブルはProlific社のPL2303という変換チップを利用しているみたいなんですが、Windows8環境で差し込むと自動でドライバを拾おうとしてくれます。

でも、この変換チップのPL2303に色々バージョンがあるらしく、秋月電子で売っている物は古いチップなので公式にWindows8対応していないようで、

このデバイスを開始できません。(コード10)

と表示されます。

ということで、色々調べたところ、古いバージョンのドライバを利用するとWindows8でもこのケーブルが使えると判明。

以下、動くようになった手順。

・秋月電子のUSB-シリアル変換ケーブル スケルトンの質問と回答からバージョン1.5のドライバインストーラをDL
・USBシリアルをPCにつないでおく
・差し込むと、自動でWin8がドライバを拾おうとするが、デフォルトのドライバでは動作しないのでドライバがインストール完了したら、デバイスマネージャから即削除する(デバイスマネージャ→削除→ドライバソフトウェアの削除)
・DLしてきたドライバをインストールする
・インストーラに再起動を欲求されるので再起動
・再起動するとUSBシリアルのドライバを認識しているが、デバイスマネージャで見ると、このデバイスを使用するには再起動が必要…という文章が出ている場合はもう一度再起動
・再起動後、なぜかまたWin8の標準ドライバが入ってしまい、ちゃんと動作していないので、デバイスマネージャでプロパティを開いて「ドライバ」タブからドライバを元に戻すを選択
・(もしかしたらこの後もう一度再起動したかも)

これで使用可能に、道のりは長かった…

というか、インストーラから直にinf抽出してそれをインストールすればすぐ解決しそうな気も。

タグ: USB, Windows, ドライバ

URLリンクを色々なディスクで移動を繰り返していたら消えていた原因

2013/2/23 土曜日 01:09:11

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Windowsで作ったURLショートカットがディスクに入っていたのですが長年管理しているうちに、いつの間にかURLの情報が抜け落ちてしまいなんでかなと思っていました。

調べてもあまりまとまった情報は出てこないみたいですが、

WindowsXPではNTFSの代替データストリームと呼ばれるものを使って、URLをショートカットのファイルのメタデータ上に記録しているらしく、ショートカットファイル自体は空っぽだったりするようなのでこれが原因かなと。

たぶん、ディスク間のコピーを繰り返すうちにファイルシステムが違うディスクとかにコピーされた時があり、その時にURLデータが抜け落ちた、のではと想像。

またVista以降ではメタデータではなくて.urlのファイルの中身にテキストで記録しているので問題ないとのことで。

あと、ダウンロードしたファイルとかのプロパティにダウンロードされたファイルへの警告などの情報がこのように出てる時がありますが、

20130223_windows_ntfs_fork_1

こういうのも代替データストリームに書かれてるみたい。
また、こういうNTFSの代替データストリームのような物全般をフォークと呼ぶらしい。

フォーク (ファイルシステム) – Wikipedia

少し勉強になったかも。

タグ: NTFS, URL, Windows

Googleで底が2の対数を使う時はlgを使う

2012/10/17 水曜日 20:23:00

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Google検索に式を入力すると計算式を入力すると自動で計算結果が出るが、この時入力する対数の底については

log:10
ln:e
lg:2

で使い分けできる。

以上覚書終わり。

タグ: Google, Tips, 検索

Linux関連の自分用メモ

2012/9/19 水曜日 11:47:41

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Linux(Ubuntuばっかりですが)をチラチラ触ってきましたが、忘れることが多いのでメモ。
かなり初歩的な物ばかりですが。

続きを読む…

タグ: Linux, Tips, Ubuntu, コマンド, 仮想PC

Excelなどで有効数字を楽に合わせるには

2012/7/14 土曜日 00:23:27

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

大学2年生となり、実験等でExcelの使用が非常に増えてきています。

学生実験のデータでは、データの有効数字を合わせる事をしょっちゅうやるわけですね。

そこで有効数字を合わせるショートカットキーを設定しておくと便利になったのでメモ。

なお当方、自宅ではExcel2010、外出先ではOOo(未だにOOo…)という運用をしてるのでOOo3.2での手順もメモしておきます。LibreOfficeでも多分同じかな?

Excel2010の場合、まず左上のクイックアクセスバーを右クリックして「リボンのユーザー設定」を開きます。

リボンのユーザー設定のユーザー設定に、「すべてのコマンド」から「小数点以下の表示桁数を増やす」または「小数点以下の表示桁数を減らす」を追加します。

(「小数点以下の表示桁数を増やす」が見つからなくて苦労しましたがすべてのコマンドから辞書順で辿っていけば漢字から始まるコマンド名のあたりにあります)

クイックアクセスツールバーのコマンドの順番は適宜入れ替えます(ショートカットキーとして振られる数字が変わる)。

設定を適用すればAlt+数字でクイックアクセスバーに追加したコマンドが実行できるようになります。

この場合だと、Alt+1で表示桁数を増やす、Alt+2で減らす事ができます。

Excelではユーザー側でショートカットキーを追加するのがVBAを使うか、

クイックアクセスツールバー経由でショートカットキーを利用するかといった方法ぐらいしかない感じですね…もう少し簡単に設定できればいいのですが。

OpenOffice3.2の場合はメニューバーのツールから「カスタマイズ」を選びます。

「キーボード」タブで好きなキーに「数の書式: 小数点の追加」または「数の書式: 小数点の追加」

今回はExcelと同じ設定で。

これで実験のデータの有効数字合わせが少し快適になりました。

以上覚書き終わり。

タグ: Office, OOo, Tips, ショートカットキー

「SPDY」を有効化してFirefoxでのページ表示を高速にする方法

2012/4/17 火曜日 19:12:35

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

この記事ではFirefoxで「SPDY」を有効化する方法について記述しています。

「SPDY」とはGoogleが発表したWebコンテンツを高速に読み込める、HTTPを補うプロトコルで、対応しているサイトと対応しているブラウザで通信した場合はHTTP通信の場合よりも高速にページを読み込むことができます。

対応しているサイトには今現在のところ、Googleの一部のサービスとTwitterなどがあります。

このプロトコルにはGoogle Chromeなどが対応していましたが、Firefox11でも実装され、有効化すれば利用することができます。

有効化する手順は以下。くれぐれも自己責任でお願いします。

アドレスバーからabout:configを開きます。

フィルタに”network.http.spdy.enabled“を入れて設定を探します。
“network.http.spdy.enabled”はデフォルトではfalseになっているのでダブルクリックでtrueにします。

あとはFirefoxを再起動するとSPDYが有効になり、対応しているサイトが高速に表示できます。

有効化されても見た目の変化は何もないのですが、有効化されているか確認したい場合は拡張機能の「SPDY indicator」を入れれば、下の画像のようにアドレスバーにサイトのSPDYの有効化状態を見ることができます。

タグ: Firefox, Google, ブラウザ, 高速化

HTML5のcanvasのfillText()メソッドの第4引数の各ブラウザでの挙動とか

2012/1/4 水曜日 18:21:39

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

先日の赤本メーカーの制作時に悩んだことなのですが、HTML5のcanvasで、

var canvas;
window.onload = function(){
	canvas = document.getElementById("test");
	draw();
}

function draw(){
	if(!canvas||!canvas.getContext) return false;
	var ctx = canvas.getContext('2d');
	ctx.font="bold 30px 'MS ゴシック','平成角ゴシック',monospace";
	ctx.textAlign="center";
	ctx.fillText("これはテストです",canvas.width/2,canvas.height/2);
	ctx.moveTo(100,0);
	ctx.lineTo(100,canvas.height);
	ctx.moveTo(200,0);
	ctx.lineTo(200,canvas.height);
	ctx.stroke();
}

とかするとどのブラウザもこんな感じで

と表示します。

しかし、ctx.fillText()のメソッドに第4引数のmaxWidthを指定して、

ctx.fillText("これはテストです",canvas.width/2,canvas.height/2,100)

みたいな感じにするとWebkit系ブラウザ(ChromeやSafari)とOperaではちょっと挙動が違ってきます。

続きを読む…

タグ: Canvas, HTML5, Javascript, ブラウザ, プログラミング, 覚え書

64bit環境でのEclipseの起動に試行錯誤

2011/10/22 土曜日 16:04:41

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

Javaで開発を始めようと「Eclipse IDE for Java 」をインストールしていたところ躓いたのでメモ。

Windows 7 64bit環境でEclipseをインストールしたものの、起動しないトラブルが発生。

起動時ダイアログが出て止まってしまうトラブルが続いたため、調べてみると、複数のJREがインストールされていると起きるトラブルとのことだったので、JDKを32bitのみ、64bitのみにして試してみましたが…今度もダイアログが出たり、Eclipseのロゴが表示された直後にJNIのロードに失敗という表示で止まるのみ。

そして最終的に行った改善方法は「JREを32bitにしてPathを通し、Eclipseも32bit版にする。」でした。

Eclipse の64bit版を使用しようとしていましたが、64bit環境だからと無理に選ぶと結構ひどい目に遭います。

Eclipse Indigo SR1 の64bit版は地雷…?

何はともあれ動いて良かったと思います。

タグ: 64bit, Java, Windows, 覚え書, 開発

ThinkPad X40にUbuntuを入れてみた

2011/8/2 火曜日 19:55:43

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

今回は前回CF化したThinkPad X40にUbuntuを入れてみました。

続きを読む…

タグ: CF, PC, SSD, ThinkPad, ノートPC, レビュー, 覚え書き